フィッシャーのチェス(158)

フィッシャーのチェス(158)

第4部 手筋(続き)

第16章 開き攻撃(続き)

 次の局面ではクイーンに対するもっと複雑な空き攻撃に同じ戦術が用いられたがうまくいかなかった。

ロンバーディー対フィッシャー
ニューヨーク、1960-61年
 14.Rc1

14…Nb4! 15.Nxb4 Qxc1+ 16.Bxc1 Bxb5 17.Nd5 Bh4+!

 この挿入手で 18.g3 Bxf1 のあと黒が交換得を維持する。

(この章続く)

2012年03月29日 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: フィッシャーのチェス

コメント

コメントは受け付けていません。


»
«