フィッシャーのチェス(156)

フィッシャーのチェス(156)

第4部 手筋(続き)

第16章 開き攻撃(続き)

 フィッシャーはキングに安全な逃げ場所がある限りキングが自分に向けられたバッテリーをどのように無視することができるかの例を数多く残してくれた。

バーンスタイン対フィッシャー
ニューヨーク、1957-58年
 20.g5

20…Bf5!

 白のfポーンを止めることができる限り黒キングはh6の地点に避難できる。次に …Nb3+ から詰みの狙いがあるので大駒の清算を強制できる。

21.gxf6+ Kh6 22.Qc4 Nd7 23.Qxc7 Bxc7 24.Bf3 Bd8!

 次のバッテリーの動きは何も怖くないので自分の方からとげを抜くことができる。

25.Bg5+ Kg6 26.Rg1 Bxf6!

(この章続く)

2012年03月27日 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: フィッシャーのチェス

コメント

コメントは受け付けていません。


»
«