王印防御の完全理解(50)

王印防御の完全理解(50)

第2章 ペトロシアン中原(続き)

2.1 戦略の着眼点(続き)

c列の開通

 一般にc列の開通は白が有利である(一つの具体的な例外は例えば白がクイーン翼にキャッスリングして逆翼攻撃をしている時である)。これは特に黒のクイーン翼がさらに弱体化し(d6の地点)、白のキング翼ナイトがc4の地点に行ける(Nf3-d2-c4)からである。しかし黒が作戦を根本的に変えてc列を素通しにしクイーン翼で白と正面対決することもあり得る。このやり方で黒は …a7-a5 突きと特に …b7-b5 突きによりクイーン翼で自陣を広げることに成功すれば、ほぼ均衡のとれた展望が得られることになる(図74)。

 図74 

 黒はeポーンにかけている圧力のおかげで …b7-b5 と突いて自陣を広げ白がc4の地点を占拠するのを防ぐことができる。それでも白は b4 axb4、Rxb4 と指すことにより黒のbポーンに対する圧力を増すことができる。

 この種の条件は白が長い間中原の争点を維持し(図49を参照)、中原を解放する可能性を見ながら相手が …f7-f5 と突くのをくじく時に生じる。

(この章続く)

2011年04月22日 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: 王印防御の完全理解

コメント

コメントは受け付けていません。


»
«