王印防御の完全理解(8)

王印防御の完全理解(8)

第1章 マルデルプラタ中原(続き)

1.1 戦略の着眼点(続き)

…Nf6-d7-f6 の捌き

 黒の方はfポーンの通り道を自由にしなければならない。だからナイトをd7に引き、それと同時に c5 突きを抑えるのは当然である(図5)。

 図5 

 しかし白が f3 と突くことによりキング翼の陣形を弱めキング翼での接触地点を作り出すことを嫌うならば、Nd7 は f6 の地点に戻ってe4の地点の守りのために f2-f3 と突かせなければならない。黒は …f5-f4 と突くことができるようにするためにも f2-f3 と突かせることが大切である。これは上図で白が Be2-g4 により不良ビショップを解消することができないようにする前提条件である。

 黒はナイトをf6の地点に戻す他に …f5xe4 と取る策もある。その意図はあとで出てくるが自分の駒のためにf5の地点を用いd4の地点を占拠することである。

 …Nf6、f3 のあと黒は …f5xe4 の交換からは何も得られないので、代わりに …f5-f4 と突いてキング翼での広さの優位を主張しgポーン突きに期待をかけることになる。

(この章続く)

2011年02月18日 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: 王印防御の完全理解

コメント

コメントは受け付けていません。


»
«