チェス布局の指し方[21]

チェス布局の指し方[21]

第2章 ポーンの重要性

2.2 ポーンの形

 図30(黒番)

 図30ではあまりに多くのポーンを同じ色の枡に置くことにより生じる別の種類の不利が見られる。ここではh7、g6およびf5の黒ポーンがみな白枡にありその結果キング翼の黒枡がひどく弱体化している。これらの地点の弱点は、通常は補ってくれるキング翼のビショップが交換されているために弱さが増している。黒のf6およびh6の空所は特に目立っている。白は次のように手早く勝ちを決めた。1…Qf7 2.exf5 gxf5 3.g6!

3…Qxg6(3…hxg6 は 4.Ng5 から詰みになる)4.Bxg7 Qxh6+(4…Qxg7 5.Rhg1)5.Bxh6

(この章続く)

2010年07月19日 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: チェス布局の指し方

コメント

コメントは受け付けていません。


»
«