チェス世界選手権争奪史(229)

チェス世界選手権争奪史(229)

第9章 スパスキーと奇才フィッシャー(続き)

 世界選手権戦は1969年4月14日からモスクワのエストラーダ劇場で始まった。待望の番勝負にもかかわらずスパスキーは初戦でつまづいた。劣勢の収局で互角にするために奮闘して次の局面に到達した。

ここで 52.Ke3 Na4 53.Rh4 Nc3 54.Rb4 なら引き分けだったかもしれない。代わりにスパスキーは 52.Rh6+ と余計なチェックをかけ次のように負けた。52…Ke5 53.Rb6 Na4 54.Re6+ Kd4 55.Re4+ Kc5 56.Rxa4 Ra1 黒投了

(この章続く)>

2010年05月31日 コメントは受け付けていません。

カテゴリ: チェス世界選手権争奪史

コメント

コメントは受け付けていません。


»
«